三菱電機、タイ最高層ビル向けエレベーターなどを受注、分速480mで1階から69階まで1分以内

自動車 ビジネス 企業動向

三菱電機、タイの最高層ビルのエレベーターを受注
  • 三菱電機、タイの最高層ビルのエレベーターを受注
三菱電機は、タイ・バンコクで建設中のタイ最高層ビルを含む複合商業施設「マハナコン」向けに、タイ国内では最高速となる分速480メートルエレベーター7台など、計38台のエレベーター・エスカレーターを受注したと発表した。

マハナコンは、バンコクに本社を置く大手デベロッパーペース・ディベロップメント・コーポレーションが、バンコク市内のビジネス中心地のシーロムに建設している。商業施設(低層棟)とホテル/高級住宅(高層棟)からなる2棟で構成される複合商業施設。高層ビルは314メートルの地上74階・地下1階建て。

高層ビルでは、分速480メートルとタイ国内最速のエレベーター7台のうち2台が、1階から69階まで1分以内で直通運転するシャトル仕様となっている。最高速を含むエレベーター15台には、運転時に発生する回生電力を有効利用する回生コンバーターを装備する。

今回受注したエレベーターとエスカレーターは同社の稲沢製作所、タイのミツビシ・エレベーター・アジア、韓国のミツビシ・エレベーター・コリアで製造する。

マハナコンは2015年に竣工する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集