トヨタ、アルゼンチンでの生産能力を14万台へ増強…輸出を拡大

自動車 ビジネス 企業動向

アルゼンチントヨタ(webサイト)
  • アルゼンチントヨタ(webサイト)
トヨタ自動車は9月19日、アルゼンチンにおける車両販売・生産会社であるアルゼンチントヨタ(TASA)・サラテ工場の生産能力を、現在の年間9万2000台から、2015年末に14万台へ増強すると発表した。

今回の能力増強に伴う投資額は、同時に行う既存設備の更新も含めて約170億円。

トヨタは、TASAを中南米向けのIMVの供給拠点と位置付けており、2012年には、年間生産9万2000台の約70%にあたる6万3000台を、ブラジルをはじめとする中南米15か国に輸出した。

IMV(Innovative International Multi-purpose Vehicle)とは、ハイラックス(ピックアップトラック3車型)、イノーバ(ミニバン)、フォーチュナー(SUV)の総称。

今回の能力増強は、今後更なる増加が予想される中南米での需要に応えるために実施するもので、増強後の輸出台数は約11万台に拡大する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集