マレーシア8月の自動車販売、前年同月比は1.4%減

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア8月の自動車販売、前年同月比は1.4%減
  • マレーシア8月の自動車販売、前年同月比は1.4%減
マレーシア自動車協会(MAA)の発表によると、会員企業による2013年8月の自動車販売台数は5万1,104台となった。前年同月比では1.4%のマイナス、過去4年間で最多だった前月との比較では25%の大幅減となった。

8月の販売は乗用車が4万5,052台、商用車は6,052台でそれぞれ1.4%の減少となった。一方、生産台数は3万7,548台となり、前年同月比で4.6%のマイナスとなった。乗用車が5.0%減の3万3,759台、商用車が0.4%減の3,789台だった。

1-8月の販売台数は、43万3,023台となり、前年同期比5.0%増となった。乗用車は5.1%増の38万2,075台、商用車は4.2%増の5万948台だった。年初8カ月の生産台数は38万5,851台で、乗用車が4.3%増の34万7,654台、商用車が8.9%減の3万8,197台だった。

MAAは8月の販売台数が前月比で大幅減となったことについて、ハリラヤ(断食月明け大祭)連休などにより営業日が少なかったことを理由に挙げた。一方、9月の見通しについては、新型モデルの投入や消費者心理が堅調なことから8月の水準を上回ると予想した。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース