JR北海道、車内販売で交通系ICカードが利用可能に…10月1日から

鉄道 企業動向

10月1日からJR北海道の特急列車の車内販売で電子マネー決済が可能に。客室乗務員が携帯する端末にKitacaなど交通系ICカードをかざすことで利用できる。
  • 10月1日からJR北海道の特急列車の車内販売で電子マネー決済が可能に。客室乗務員が携帯する端末にKitacaなど交通系ICカードをかざすことで利用できる。
JR北海道は9月11日、同社が展開しているICカード「Kitaca(キタカ)」の電子マネーで車内販売を利用できるようにすると発表した。10月1日から開始する。

利用できるのは、特急『スーパーおおぞら』『スーパーとかち』『スーパー宗谷』『オホーツク』『スーパー北斗』『北斗』。客室乗務員がキタカの端末を携帯し、商品購入時にキタカを端末にかざすことで決済を行う。

JR東日本のSuica(スイカ)など全国相互利用サービスに対応した交通系ICカードでも利用できるが、関西圏の私鉄などのICカード「PiTaPa(ピタパ)」は利用できない。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集