JR北海道、苗穂駅を約300m移転…橋上駅舎を整備

鉄道 企業動向

苗穂駅付近の平面図。札幌方へ約300m移転してホーム2面と橋上駅舎を設置する。北側からのアクセスルートも確保される。
  • 苗穂駅付近の平面図。札幌方へ約300m移転してホーム2面と橋上駅舎を設置する。北側からのアクセスルートも確保される。
JR北海道は9月11日、苗穂駅(札幌市東区)の移転と橋上駅舎化について、札幌市と工事協定を締結して工事に着手したと発表した。2018年度の使用開始を目指す。

札幌市は苗穂地区を都心居住の受け皿や新たな回遊・交流拠点と位置付けており、これに伴い実施する苗穂周辺地区まちづくり事業の一環として、同駅の移転と橋上駅舎化が計画された。

計画によると、同駅を札幌方へ約300m移転し、ホーム2面と橋上駅舎を設置。バリアフリー施設としてエレベーター2基とエスカレーター4基、多機能トイレも設ける。事業費は53億円。

現在の苗穂駅は北側に苗穂運転所と苗穂工場が隣接しており、出口は南側にしか設けられていない。移転により北側に抜けるルートも確保され、大型商業施設のアリオ札幌やサッポロビール園などへのアクセスが改善される。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集