住友金属鉱山、トヨタ自動車の株式を追加取得、二次電池正極材事業の連携強化

自動車 ビジネス 企業動向

住友金属鉱山は、二次電池事業での連携を強化するため、トヨタ自動車の株式を追加取得したと発表した。

住友金属鉱山が保有するトヨタの保有株数は473万8300株、保有割合は0.137%となった。

住友金属鉱山は、相手先が同社の事業、戦略を理解し、中・長期に相応の同社株式を保有することが期待できると判断した場合に限定し、有価証券を取得することを基本方針としている。

トヨタに対してはハイブリッド車、プラグインハイブリッド車などに搭載される二次電池の正極材を供給している。また、トヨタとは2010年10月、豊田ケミカルエンジニアリング、プライムアースEVエナジーの4社共同で、世界初となる使用済みの「ハイブリッド車用ニッケル水素電池」に含まれる、ニッケルを電池原料として再資源化するリサイクル事業を開始するなどの関係を持つ。住友金属鉱山は、電池材料事業でトヨタとの関係強化を図るため、昨年トヨタ自動車の株式を取得した。

住友金属鉱山では、材料事業分野で、特に成長が見込まれる二次電池正極材料を柱として、その拡大に注力している。需要家であるトヨタとの戦略的関係を一層強化することが重要と判断し、今回株式を追加取得した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集