川崎重工、ブラジル造船所からドリルシップの船体部建造を受注

船舶 企業動向

川崎重工業は、同社が30%出資するブラジル・バイア州の造船所エスタレーロ・エンセアーダ・ド・パラグワス(EEP)との間で、ドリルシップの船体部の建造契約を締結した。

契約した船は、EEPがブラジルのオイル・ガス分野の投資会社セッチ・ブラジルから受注したドリルシップ6隻の1番船で、完成後はブラジル国営石油会社のペトロブラスに用船される。

今回の契約は、EEPへの技術協力の一環として、川崎重工が坂出工場で船体部を建造した後、2015年第1四半期に引き渡す予定。EEPへの回航後は、EEPにより掘削機器などのトップサイドを据え付け、船主であるセッチ・ブラジルに引き渡す。

川崎重工は今後、大きな成長が予想される海洋開発関連の新造船建造に積極的に取り組むとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集