対シンガポールドル安、マレーシア経済の下支えの一つに

エマージング・マーケット 東南アジア

対シンガポールドル安、マレーシア経済の下支えの一つに
  • 対シンガポールドル安、マレーシア経済の下支えの一つに
対シンガポール・ドル為替相場でリンギが安が進んでおり、15年ぶりの低水準となっている。シンガポール人観光客の増加やマレーシア不動産を購入する動きが加速し、マレーシア経済成長の下支えの一つになると見込まれている。ザ・スターなどが報じた。

過去3か月に渡りリンギ安が進んでおり、8月29日の為替レートは、1シンガポール・ドル=2.6037リンギを突破、9月4日の午前11時には2.5722リンギまでリンギ安が進んだ。1998年の最安値にならぶ安値となった。

不動産コンサルタントのCBREによると、ジョホール州南部の開発計画「イスカンダル・マレーシア」の不動産への問合せが増加している。シンガポール政府が今年、追加住宅購入者印紙税(ABSD)を引き上げたこともシンガポール人による不動産購入を後押ししている。

英字紙「ニュー・ストレーツ・タイムズ」は6月、イスカンダルで不動産を所有している外国人は13万人で、うち90%がシンガポール人であると報道した。

空港運営のマレーシア・エアポーツ・ホールディングス(MAHB)によると、7月の航空旅客数は前年比14%増の320万人となった。マレーシア旅行代理店協会(MATTA)は、リンギ安は国内の観光業に好機となるとの見解を示した。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース