チームトーヨータイヤドリフト、D1グランプリ長崎ハウステンボス大会に参戦…9月14日・15日

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

第3戦エビスサーキット大会の模様(川畑真人選手)
  • 第3戦エビスサーキット大会の模様(川畑真人選手)
  • 第3戦エビスサーキット大会の模様(佐久間達也選手)
9月14日・15日にハウステンボス(長崎県佐世保市)で開催される「2013 D1グランプリシリーズ」第5戦に、東洋ゴム工業がサポートするドリフトチーム「チームトーヨータイヤドリフト」が参戦する。なお長崎県ハウステンボスでの開催は、今回が初めてとなる。

前回の第3戦(福島県エビスサーキット)では、チームトーヨータイヤドリフトの川畑真人選手がアグレッシブなパフォーマンスを披露、単走ファイナル、追走ファイナルいずれもトップを獲得し、完全優勝を果たした。続いて開催された第4戦でも単走ファイナル2位、追走ファイナル5位と安定した強さを見せ、第4戦終了時点のポイントランキングでも川畑真人選手がトップ、佐久間達也選手が11位、内海彰乃選手が16位と、計3名のドライバーが第5戦のシード権を獲得している。

今回の「ハウステンボス特設コース」は、開幕戦の大阪舞洲スポーツアイランド同様シリーズ初開催で、駐車場にコースを設置する特設コースでの戦いとなる。全体的にコンパクトなコースレイアウトとなる一方、誰もが未踏の舞台なので、チームとドライバーがいかにコースの特性をつかんで、マシンのセッティングを詰められるかが攻略のポイントとなる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集