ボーイングの次世代空中給油機KC-46A、生産に向け一歩前進

航空 企業動向

ボーイングと米空軍は、『KC-46A』空中給油機の最終設計各要素を審査した結果、現在の設計案が米空軍が求める要件を満たしていると発表した。KC-46Aの生産とテストに向け前進した形だ。

ボーイングと米空軍は、数カ月わたってコンポーネントとサブシステムの審査を実施し、7月8日~10日にKC-46Aのウエポンシステムの詳細設計審査を行った。この結果、次世代空中給油機としての要件を達成していることを確認した。

製造面では、初号機主翼の組立作業を6月26日から開始している。

米空軍空中給油機担当エクゼクティブオフィサーのジョン・トンプソン少将は「KC-46A空中給油機の設計が完了したことは喜ばしい報告だ。米国政府とボーイング統合チームは設計審査の目的に集中し、その結果を出した」とコメントした。

KC-46Aは、旅客機、貨物機、空中給油機としての実績があり、これまでに1050機以上がデリバリーされている767型機の『767-200ER』型民間航空機を基盤としている。

現契約下にあるオプションが全て行使された場合、総数で179機を米空軍に供給することになり、『KC-135』の後継機として運用される。ボーイングは2017年までにテスト機を4機製造、即運用可能な空中給油機18機を納入する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集