ボーイング、米空軍に56機のA-10サンダーボルトIIを追加製造

航空 企業動向

A-10サンダーボルトII
  • A-10サンダーボルトII
ボーイングは9月4日、米空軍より56機の『A-10 サンダーボルトII』の追加注文を受け、同航空機によるミッションの準備とメンテナンス費用の削減を改良することを発表した。

ボーイングはこれらの航空機を含む合計242機を、ジョージア州のメコンにあるプラントで製造する契約を受けている。空軍の編隊を新しい航空機に入れ替えることは、A-10によるミッション機能を4パーセント改良し、次の30年間に約13億ドルのメンテナンス費用を削減する助けとなる。

この最新の注文は2億1200万ドルの価値を持ち、この合意を含めて米空軍は173機の航空機を注文したこととなる。ボーイングとその供給者の努力により、米空軍はA-10の編隊を2035年まで運用することができる。

A-10は陸上部隊を近距離の空中よりサポートする、ツインエンジンのジェット機である。それは戦車や他の武装車を含む、陸上のターゲットに対して使用することも可能である。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集