チャイナエアライン、関西~台北線を週24便に増便へ…10月27日から

航空 企業動向

チャイナエアライン、A330-300型機を使用して関西~台北線を増便
  • チャイナエアライン、A330-300型機を使用して関西~台北線を増便
チャイナエアラインは、10月27日から関西~台北線を現在の週17便から24便に増便すると発表した。

増便するのは関西17時発、台北21時10分着と台北14時20分発、関西17時50分着を毎日運航する。使用機材は、313席のA330-300型機。

関西空港から台北へ夜の出発便が毎日加わることとなり、観光やビジネスでの選択肢が拡大する。

チャイナエアラインは、台北、高雄、米国ニューヨークへと、関西空港から合計週32便のフライトを就航させることとなり、関西空港を拠点として今後もネットワークを拡充していく予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集