デリー初の日本式モノレール、2017年までに建設予定

エマージング・マーケット インド・南アジア

デリー市長シェイラ・ディクシットは、2017年までにデリー市内東部のシャストリ・パークからトリロクプリまでの区間、11kmに及ぶモノレールを開通させる計画を発表した。エコノミック・タイムス紙が報じた。

先日インドでは日本のモノレールなどの技術を売り込むセミナーが行われ、日立製作所や東京モノレールなど日系企業の担当者が日本の技術の安全性、利便性をアピールした。メトロを建設する余裕の無い混雑したエリアにはモノレールのような公共交通機関が必要であるとデリー市長は語っている。
編集部

編集部おすすめのニュース