【フェラーリ・チャレンジ 第5戦】コッパ・シェルカテゴリーで恩田フランシス英樹氏が勝利

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック第5戦
  • フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック第5戦
8月31日、フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィックの第5戦が、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで開催された。

レースは、湿気と、時折の豪雨となる荒れた天候の中で開催。28台の『458 チャレンジ』車輌がセパンのウェット路面上で、白熱したバトルを繰り広げた。

「トロフェオ・ピレリ」カテゴリーのレース1では、タイのパシン・ラソーラス氏がトップでチェッカーを受けた。スタートからわずか数分でドライからウェットに変化するという難しいレースとなったが、ラソーラス氏は一貫してアラン・リー氏(中国・香港)と リンゴ・チョン氏(シンガポール)を抑え続けた。続くレース2でも、ラソーラス氏は再び勝利。パーフェクトウインを飾った。

「コッパ・シェル」カテゴリーでは、レース1で日本の恩田フランシス英樹氏が勝利。恩田氏は、突然の雨による混乱をかわし、グレゴリー・テオ氏(シンガポール)とデビッド・ティプトビアントロ氏(インドネシア)を抑えて勝利した。また、カナダのエリック・チャン氏が、ウェット・コンディションの中レース2で見事な走りを披露し、デビッド・ティプトビアントロ氏(インドネシア)を抑えて優勝した。

フェラーリ・チャレンジ・アジアパシフィック・レースは、このままマレーシアに留まり、第6ラウンドを迎える。レースは9月14日、15日の週末に開催される予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集