大阪市交通局、車両基地見学会セットの民営化意見交換会を実施…8月24・25日

鉄道 行政
大阪市交通局は、8月24・25日に「地下鉄車両検車場の見学及び民営化についての意見交換会」を森之宮検車場(大阪市城東区)で実施する。

検車場の見学と民営化の意見交換会を合わせて行う。開催日時は24日の10~12時と14~16時、25日の10~12時の3回で、世代別に各回20人の参加者を募集。当日の様子はインターネットの動画共有サービス「Ustream(ユーストリーム)」でライブ配信する。

応募できるのは18歳以上の地下鉄、バス利用者。ハガキのほか同局ホームページの専用フォームからも応募できる。締切は8月8日。

大阪市は交通事業の民営化に向けた議論と検討を進めており、5月に民営化の基本プラン案を交通局がまとめている。それによると、地下鉄事業は2014年度半ばに新会社を設立して移行手続きを進め、2015年度当初から新会社による営業を開始。バス事業も民間バス事業者と大阪運輸振興に譲渡し、2014年4月からの営業開始を盛り込んでいる。

大阪市議会は民営化条例案を継続審議としており、基本プラン案に示されたタイムスケジュール通りに作業が進むかどうかは微妙な情勢となっている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース