ロッキード・マーチン、AEHF通信衛星打ち上げに向けて米空軍に輸送

ロッキード・マーチンは7月24日、3番目のAEHF(先進超高周波)軍用通信衛星をフロリダ州のケープカナベラル空軍ステーションに輸送し、9月に予定されているアトラスVロケットによる打ち上げの準備にかかることを発表した。

宇宙 企業動向
AEHF-3通信衛星の輸送
  • AEHF-3通信衛星の輸送
  • AEHF-3通信衛星の輸送
ロッキード・マーチンは7月24日、3番目のAEHF(先進超高周波)軍用通信衛星をフロリダ州のケープカナベラル空軍ステーションに輸送し、9月に予定されているアトラスVロケットによる打ち上げの準備にかかることを発表した。

AEHFシステムにより、堅牢性の高い通信技術が実現する。このシステムは、カナダやオランダ、イギリスを含む、国際的パートナーにも提供される。

「AEHFの機能はアメリカ軍と同盟の為の、通信機能を成長させる」とロッキード・マーチンの保護通信部門の副社長、マーク・カラッサ氏は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集