【フィット プロトタイプ】IMA比2倍以上、スムーズなEV走行を実現する22kWの新型モーター

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィットハイブリッド(プロトタイプ)
  • ホンダ フィット ハイブリッド(プロトタイプ)
  • フィット ハイブリッド プロトタイプ
新型フィットのハイブリッドモデルには、EVボタンなどは装着されず、条件が揃うとEV走行となるシステムになっている。

先代(現行)モデルのフィットハイブリッドはIMAと呼ばれるハイブリッドシステムを使っていた。IMAのモーターは10kW/78Nmのスペックであったが、新型に採用されているi-DCDは22kW/160Nmと2倍以上のスペックが与えられている。

先代(現行)のフィットハイブリッドはEV走行時にちょっともの足りない感じがしたが、新型はしっかりとした走りをする。EV走行時にはエンジンも停止するので、静粛性はグッと高くなる。

FパッケージにはSパッケージに装備されていたパドルシフターはなく、変速はクルマまかせとなる。普段はE-CONスイッチを押しての燃費走行がフィットハイブリッドのデフォルト状態だが、ワインディングを目の前にしたらぜひ選びたいのが「Sモード」。ATセレクターのベース部分にあるスイッチを押すと、ギヤ選択は低めで、エンジン&モーターはトルクの高い状態を維持するようになり、走りが一層イキイキとなる。パドル操作するのとは異なり、2ペダル走行でハンドリングに集中できるのもまたいいものだ。なお、Sモード選択時はEV走行はしない。

フィットハイブリッドのエンジン始動は基本はハイブリッドモーターで行う方式。ただし、水温が低いときなどはスターターモーターで始動する方式。水温で制御しているのは、リチウムイオン電池が低温に弱い性質だから。つまり、水温をセンシングしながらもそこから気温を推測しているということになる。フィットハイブリッドはモーターも温度管理され、巻き線部分にミッションオイルを吹き付けることで、温度上昇を抑え、出力を確保するとともに信頼性を向上している。
《諸星陽一》

編集部おすすめのニュース

特集