JR九州、九州新幹線車両基地の一般公開イベント9月開催…基地に直接乗り入れる臨時列車ツアーも実施

鉄道 エンタメ・イベント

山陽・九州新幹線直通列車用のN700系7000・8000番台。
  • 山陽・九州新幹線直通列車用のN700系7000・8000番台。
  • 九州新幹線の800系。
  • 「新幹線フェスタ2013 in 熊本」ツアーの案内。団体臨時列車が車両基地に直接乗り入れる。
JR九州は7月10日、九州新幹線の車両基地・熊本総合車両所(熊本市南区、富合駅徒歩約5分)の一般公開イベント「新幹線フェスタ2013 in 熊本」を9月8日に開催すると発表した。開催時間は9時30分~15時30分(最終入場受付は15時)。

当日は九州新幹線で運用されているN700系と800系を展示するほか、800系の運転台見学とN700系の体験乗車、新幹線車両の車体上げ実現、保守用車両の展示や体験乗車なども行う。800系の運転台見学は抽選、N700系の体験乗車は先着順になる。

「新幹線フェスタ」の開催に合わせ、博多、新鳥栖、久留米各駅出発の団体臨時列車ツアーも実施される。このツアーでは団体臨時列車が直接、洗車機を通って熊本総合車両所に乗り入れる。旅行代金は大人6200円、子供4100円。申込期間は8月21日まで。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集