ヤンマー、ソリマチと業務提携、ITを使って農業経営の見える化を支援

自動車 ビジネス 企業動向
ヤンマー、ソリマチと業務提携
  • ヤンマー、ソリマチと業務提携
ヤンマーと、農業ソフト開発販売のソリマチは、農業におけるICTサービスの提供について業務提携することを決定した。

今回の両社の協業により、まずはヤンマーが提供する農業機械の稼動情報管理システム「スマートアシストリモート」と、ソリマチが提供する農業クラウドサービスである「フェースファーム生産履歴」を連携し、農業経営の見える化、効率化に役立つサービスの提供を開始する。

2つのシステムの融合にる農作業の見える化は、いつ、どこでどんな作業をしたか、農業機械から生産履歴システムに毎日データを転送し、自動記録される。農業者が手入力する手間を軽減できる。

農業生産のインプット(燃料、肥料など)・アウトプット(収穫量など)のデータを連携し、農業生産のバラツキや、コストの無駄を低減できるシステムへと進化させる。コストだけでなく品質まで含んだ農業経営に対して的確な意思決定ができる情報を提供し、農業経営を支援する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ヤンマー建機、2次排出ガス自主規制に適合したガソリンインバータ発電機を発売 画像 ヤンマー建機、2次排出ガス自主規制に適合したガソリンインバータ発電機を発売
  • ヤンマーのR&Dセンター、エンジン試験所を開設 画像 ヤンマーのR&Dセンター、エンジン試験所を開設

特集