2013年上半期の倒産件数、22年ぶりに6000件を下回る…東京商工リサーチ

自動車 ビジネス 企業動向
企業倒産上半期推移
  • 企業倒産上半期推移
  • 2013年上半期 産業別倒産状況
東京商工リサーチが7月8日に発表した2013年上半期(1-6月)の全国企業倒産状況によると、倒産件数は前年同期比0.9%減の5620件で、上半期としては4年連続で前年同期を下回り、1991年(4723件)以来22年ぶりに6000件を下回る低水準だった。

負債総額は同10.4%減の1兆7987億6700万円で、上半期としては、2011年(1兆6654億2300万円)に次いで、過去20年間で2番目に少ない水準。これは、負債10億円以上の大型倒産が187件(前年同期203件)と、上半期の過去20年間で最も少なく、負債100億円以上の大型倒産が10件(前年同期18件)にとどまったことによる。

産業別では、運輸業、製造業、金融・保険業が増加。建設業、小売業、不動産業、サービス業他が減少した。

地区別では、9地区のうち東北と中国で増加したが、その他7地区は減少した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集