西武、スマホ使った「あの花」デジタルスタンプラリー実施…8月1日~9月30日

鉄道 エンタメ・イベント

「あの花」スタンプラリーのポスター。QRコードをスマートフォンで読み込むと専用サイトに移動する。
  • 「あの花」スタンプラリーのポスター。QRコードをスマートフォンで読み込むと専用サイトに移動する。
  • スタンプラリー専用サイトのイメージ。チェックインするたびにオリジナル壁紙がプレゼントされる。
  • スタンプラリー専用サイトのイメージ。チェックインするたびにオリジナル壁紙がプレゼントされる。
西武鉄道は8月1日から9月30日まで、劇場版アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」とのタイアップ企画「あの花Smile Check-in」を実施する。スマートフォンを使用するデジタル式スタンプリーで、同社が小竹向原駅を除く全駅に整備したWi-Fiスポットを活用する。

「あの花」は2011年に放映されたテレビアニメで、8月31日には劇場版が公開される予定。西武秩父線が乗り入れている埼玉県秩父市が舞台となっていることから、西武鉄道も「あの花」の記念切符を発売するなどタイアップ企画を実施してきた。7月1日からは6000系の10両編成1本(6157号編成)を使用したラッピング列車も運転している。

今回のスタンプラリーは劇場版の公開を記念して実施するもので、池袋駅や秩父神社など、スマートフォンでチェックインできるチェックインスポットを7カ所に設置する。各スポットに設置されたポスターやパネル内のQRコードをスマートフォンで読み込むと、キャンペーン専用サイトへ移動。参加者にはオリジナル壁紙を各スポットでチェックインする度にプレゼントする。実施時間は期間中の10~18時。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集