米EVベンチャー CODA、破産でエネルギー貯蔵関連企業として再出発

5月1日、米国の裁判所に破産を申請したEVベンチャー企業、CODA(コーダ)オートモーティブ。同社がEV企業とは別企業に転身し、再出発を図った。

自動車 ビジネス 企業動向
米国CODAオートモーティブの初の量産EV、コーダセダン
  • 米国CODAオートモーティブの初の量産EV、コーダセダン
  • 米国CODAオートモーティブのEV、コーダセダン
5月1日、米国の裁判所に破産を申請したEVベンチャー企業、CODA(コーダ)オートモーティブ。同社がEV企業とは別企業に転身し、再出発を図った。

CODAオートモーティブは2012年3月、EVの『コーダセダン』を米国カリフォルニア州で発売。シャシーやボディは中国の自動車メーカー、哈飛汽車の4ドアセダンがベースで、組み立ても哈飛汽車が担当。当初は米国へ輸入する計画だったが、CODAオートモーティブは市販車を米国での現地生産に切り替えた。

コーダセダンは、最大出力134ps、最大トルク30.6kgmを発生するモーターを搭載。最高速は136km/h(リミッター作動)、1回の充電での最大航続距離約200km。二次電池は蓄電容量31kWhで、充電時間は約6時間。

実用的なEVセダンを狙ったコーダセダンだが、販売は低迷。2012年3月の発売以来、累計およそ100台を販売したのみ。そのため、同社は資金繰りが悪化し、破産に至った。

6月25日、CODAオートモーティブは「CODAエナジー」に社名を変更したと発表。EVの製造・販売事業から撤退し、エネルギー貯蔵関連事業を手がける企業へと転身している。

CODAエナジーのEd Solar、Pete Nortmanの両共同代表は、「新たなパートナーとの協力体制の下、早期に市場へ商品を送り出すのが最大の使命」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集