商船三井の破断したコンテナ船、後半分がインド洋で沈没

船舶 企業動向

インド洋を航行中に船体が中央部で2つの部分に破断し自力航行不能となっていた商船三井が運航するコンテナ船「MOLコンフォート」の後半分が沈没した。

同社によるとMOLコンフォートは、船体が2つに破断後、前と後部便に別れて、海を漂流していたが、船体後半部は、6月27日午後4時48分頃(日本時間)、北緯14度26分/東経66度26分付近の水深約4000メートルの公海で沈没した。

船体後半部には約1700本のコンテナが積載されており、船体とともに海没したものの、一部のコンテナが付近を浮遊している。

船体後半部には燃料油ほか、推定で油類約1500トンがタンク内に残っていたが、現在まで、現場海域には、多量の油の流出は確認されていないとしている。

商船三井は、船の後半分が沈没した事実をインド当局に連絡するとともに、引き続き監視船を現場にとどめ、油の流出の有無、浮遊コンテナの状況を監視している。

船体前半部は、現場に到着した支援船によって曳航されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集