トヨタ、若手ドライバー育成プログラムのジュニア・フォーミュラ参戦カテゴリーをF4へ移行

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

トヨタ・ヤング・ドライバー・プログラム(webサイト)
  • トヨタ・ヤング・ドライバー・プログラム(webサイト)
トヨタ自動車は6月28日、若手ドライバー育成プログラム「トヨタ・ヤング・ドライバー・プログラム(TDP)」におけるジュニア・フォーミュラ参戦カテゴリーについてフォーミュラ4(F4)への移行を検討すると発表した。

トヨタは、世界および国内のモータースポーツで活躍できるレーシングドライバーを育てることを目的に、若手ドライバー育成プログラムであるTDPを推進。これまで、中嶋一貴、小林可夢偉ら、優秀なドライバーを輩出してきた。

トヨタは、プログラム内において、フォーミュラカーレースの登竜門として、2006年よりフォーミュラ・チャレンジ・ジャパン(FCJ)への若手ドライバー参戦を支援してきたが、2013年をもってFCJが休止となることが決定。このため、FCJに代わる新たなジュニア・フォーミュラ参戦カテゴリーとして、日本国内のフォーミュラ4(F4)への移行を検討する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集