【リコール】トヨタ クラウン など4車種、予期せぬ急制動がかかるおそれ

自動車 ビジネス 国内マーケット

改善箇所
  • 改善箇所
トヨタ自動車は6月26日、『クラウン』とレクサス『IS250』など計4車種の前方障害物衝突軽減装置(プリクラッシュセーフティシステム)制御コンピュータに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、2012年12月3日~2013年6月18日までの間に製作された合計約2万台のプリクラッシュセーフティシステム装着車。

ミリ波レーダーによる障害物検知ソフトが不適切なため、乱反射したミリ波情報をまれに前方障害物と誤認識し、衝突の可能性がないのに自動ブレーキが作動して、予期せぬ急制動がかかるおそれがある。

全車両、制御コンピュータの障害物検知ソフトを修正する。

不具合発生件数は6件で、市場からの情報で発見した。

物損事故(リヤバンパ、トランク損傷)が1件起きている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集