【NASCARスプリントカップ 第16戦】トヨタ、マーティン・トゥルークス・Jr.が218戦ぶりの勝利

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

トヨタ・マーティン・トゥルークス・Jr.
  • トヨタ・マーティン・トゥルークス・Jr.
  • トヨタ・マーティン・トゥルークス・Jr.
  • トヨタ・マーティン・トゥルークス・Jr.
  • トヨタ・マーティン・トゥルークス・Jr.
  • トヨタ・マーティン・トゥルークス・Jr.
  • トヨタ・マーティン・トゥルークス・Jr.
6月23日、米国西部カリフォルニア州ソノマのロードコース、ソノマレースウェイでNASCARスプリントカップ・シリーズ第16戦「Toyota/Save Mart 350」が開催された。

ソノマはカリフォルニアワインで有名なナパ・バレーの丘陵地帯に位置する、1周1.99マイル(約3.2km)のロードコースで、スプリントカップシリーズで年に2戦開催されるロードコース戦の一つ。重いNASCARの車両で戦われるロードコース戦は、オーバルとは異なる魅力を持つ。

戦略面でも、オーバルに比べて平均速度が低く、1周にかかる時間が長いことと、レース中に必要な給油が最低2回と少ないため、給油ピット戦略が重要となる。ソノマでは2008年にカイル・ブッシュ、昨年はクリント・ボウヤーが"トヨタ カムリ"で勝利を飾っている。

21日に2回の練習走行を行い、22日11時5分から予選開始。通常のオーバルで行われる、1台ずつ2周アタックの予選とは異なり、グループで分けられた車両が同時に走行してグリッドを競った。昨年の覇者ボウヤーが5番手、マット・ケンゼスが6番手、カイル・ブッシュが9番手につけ、12台の"トヨタ カムリ"が決勝へと進んだ。なお、ジェイソン・ボウルズが予選アタックし、34番手グリッドとなった55号車は、この週末に遠く離れたロードアメリカで開催されるネイションワイド・シリーズ戦とかけもちするブライアン・ヴィッカーズが決勝ではドライブする。

23日は練習走行や予選の時の、曇って気温の低かったコンディションとは一転して好天に恵まれ、12時30分、1.99マイルロードコースを110周(218.9マイル:約350km)して競われる決勝レースのスタートが切られた。

4周目、8位を走行していたKy.ブッシュが、ヘアピンで元F1ドライバーのファン・モントーヤ(シボレー)に後方から接触されスピン。イエローコーションは出ず、Ky.ブッシュもコースへ復帰したが、27位へと後退してしまった。5番手スタートのボウヤーと6番手スタートのマット・ケンゼスは序盤、トップ10圏内をキープ。後方では、ドライバー交代のためにグリッドダウンを強いられたブライアン・ヴィッカーズが徐々にポジションを上げていった。

25周目、降雨のために、この日2度目のイエローコーションが出されると、上位勢はコース上に残ったが、トゥルークス・Jr.、ヴィッカーズら中団以降の車両はピットへ。この際、今大会カップ・シリーズに初出場となったアレックス・ケネディが、後方から追突されて玉突き状態で前車に突っ込み、車両前部にダメージを負った。

雨はまもなく止み、30周目に再スタートが切られたが、32周目にデイビッド・ロイティマンが後続から接触されてスピン。3回目のコーションが出されると、上位勢がピットへ向かった。先にピットに入っていたトゥルークス・Jr.、ヴィッカーズらはコース上に残り、ポジションアップ。トゥルークスが8位、ヴィッカーズが10位で再スタートを切ると、素晴らしいダッシュでポジションを上げていき、41周目にはトゥルークス・Jr.が首位を奪取。ヴィッカーズがそれに続き、"トヨタ カムリ"が1-2体制となった。一方、Ky.ブッシュとデニー・ハムリンがピットロードスピード違反でポジションダウン。

62周目、トゥルークス・Jr.がグリーン下でピットへ向かい、ピットアウトした直後に、この日4回目のイエローコーション。上位勢がピットへ向かい、再スタートが切られたが、その後2回立て続けにイエローコーションとなり、ピット作業で順位が大きく入れ替わった。燃料をフルに入れて40周弱の走行が可能なここソノマで、ぎりぎりのタイミングとなる給油のみのピット作業を行ったトゥルークス・Jr.は、ピットアウト時にエンジンストールを喫し、若干タイムをロスしたものの、10位で再スタート。

ライバルが後半のイエローコーションで最後の給油ピットインを行う中、トゥルークス・Jr.はコース上に残り、83周目のコーション中に首位に復帰した。86周目に再スタートが切られた後は、イエローコーションが出ず、トゥルークス・Jr.は独走。最後は2位に7秒以上の大差を付け、トップでチェッカー。今季初勝利を挙げた。

トゥルークス・Jr.にとっては、218戦ぶりとなる、自身のカップ・シリーズでの2勝目であり、トヨタに移籍して、そしてロードコースでは初勝利。自らのチームのメインスポンサーの本拠地であり、米国トヨタの本拠にも近く、トヨタが冠スポンサーをつとめる大会での嬉しい勝利となった。チームメイトのトゥルークス・Jr.と共に速さを見せたボウヤーが5位でフィニッシュ。トゥルークス・Jr.はこの勝利により、ドライバーズランキングで10位に浮上した。

次戦第17戦は6月29日、米国中東部ケンタッキー州スパルタのケンタッキー・スピードウェイで行われる。

■第16戦 Toyota/Save Mart 350 決勝結果
1位:マーティン・トゥルークス・Jr.   トヨタ
2位:ジェフ・ゴードン   シボレー
3位:ジェフ・ゴードン   シボレー
4位:カート・ブッシュ   シボレー
5位:クリント・ボウヤー   トヨタ
6位:ケイシー・カーン   シボレー

■ドライバーズポイント
1位:ジミー・ジョンソン シボレー 573P
2位:カール・エドワーズ フォード 548P
3位:クリント・ボウヤー トヨタ 528P
4位:ケビン・ハービック シボレー 510P
5位:マット・ケンゼス トヨタ 481P
6位:グレッグ・ビッフル フォード 479P

■マニュファクチャラーズポイント
1位:シボレー 113P
2位:トヨタ 101P
3位:フォード 83P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集