【WRC 第7戦】クビサ、余裕のクルーズでWRC-2クラスの2勝目を飾る

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

シトロエンDS3 RRC(ロバート・クビサ)
  • シトロエンDS3 RRC(ロバート・クビサ)
  • シトロエンDS3 RRC(ロバート・クビサ)
  • シトロエンDS3 RRC(ロバート・クビサ)
  • シトロエンDS3 RRC(ロバート・クビサ)
WRC イタリアラリーで、シトロエンDS3 RRCをWRC-2クラスで運転す元F1ドライバーのロバート・クビサが、2位のアブドゥラジズ・アル‐クワリに4分17秒の大差をつけて勝利した。

WRC-2クラスでの初めての勝利を3週間前にギリシャで飾って以来、彼はこのイタリアでも合計16個のステージで2つ以外の最速で終了するレース展開でラリーを完全に支配し、余裕の2勝目を手にした。

「それは決して楽な勝利ではない。が、とても良い週末だった。僕達は埃での視界の悪さという問題があり、インターカムの問題を抱えていたが、絶対に集中力を失わなかった。自分達がどこにいるのか、または自分達のペースが確かではなかったが、ラリーを完走することができた」とクビサは語った。

そしてさらに「実は今日の最初のループで、僕達はとても用心深く運転して何も学ぶことがなかった。そこで僕は午後にもう少しプッシュするようにして・・・勿論やり過ぎないように注意したが、僕はまだまだ学ぶことがある」と彼は付け加えた。

クビサは現在WRC-2のカテゴリー順位で4位に位置しているが、彼より上位にいるいかなるドライバーより数少ないレースで競っている。

それにも関わらず、フォード・フィエスタRRCのドライバーであるアル‐クワリは、別の18ポイントを得たことを素直に喜んでいる。

「僕達はチャンピオンシップのリードを増やして、フィンランドとドイツでヨーロッパのドライバー達を戦わせる。僕達はオーストラリアでラリーに戻る予定だ」と彼は語った。

イタリア人ドライバーのロレンツォ・バーテッリが、彼のフォード・フィエスタRRCでの初めてのラリーでアル‐クワリから2分01秒遅れの3位でのフィニッシュをした。「これには長い時間がかかったし、僕達は問題を抱えていた。しかし僕はこのポジションにいることができることを知っていた。3位は素晴らしいし、僕はとてもハッピーだ」と彼は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集