【ルマン24時間 2013】レースは終盤戦へ…上位4台、一周差を保つ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ルマン24時間 2013
  • ルマン24時間 2013
  • ルマン24時間 2013
残り7時間を切ったところで、アストンマーチン・バンテージV8 98号が漏らしたオイル処理のため、セーフティーカー・ランになった。

依然、アウディR18 e-トロン・クワトロ2号車(クリステンセン)がトップを走り、トヨタTS030ハイブリッド8号車(サラザン)とトヨタ7号車(ブルツ)がこれを追う展開が続いている。続く4位はアウディ3号車(ディグラッシ)だ。
これら上位4台は綺麗に1周ずつの差で走行している。

再びコースは部分的に雨が降り出す中、残り6時間16分でレースは再開。
しかし直後、5位を走行していたレべリオン・ローラB12/60クーペ・トヨタ13号車(ベリッキ)がクラッシュした。
リヤが流れ、カウンターステアで修正しようとしてオツリを貰ってしまったようだ。

マシンはフロントから激しくガードレールにクラッシュするもピットまで帰還した。
これによりコースはまたもセーフティーカーが入っている。
ガードレールの修復が必要となればまた長いイエローとなりそうだ。
《重信直希》

編集部おすすめのニュース

特集