マレーシア、閣僚の公用車を「アコード」に切り替えへ 「ペルダナV6」引退で

エマージング・マーケット 東南アジア

〈ペタリンジャヤ〉
連邦政府の大臣・副大臣に支給されている公用車を、これまで使われてきたプロトン「ペルダナV6」からホンダ「アコード2.4」に切り替えることが、先の閣議で決定された。これまで国民車メーカーのプロトンが担ってきた国家VIPの足としての地位を外国車メーカーに明け渡す。

プロトンは、ホンダと提携交渉を続けているとされる。「ペルダナV6」の製造はすでに2011年に中止されており、政府筋によると一部ではすでに「アコード」への切り替えが始まっているという。「アコード」はプロトン親会社、DRBハイコムのペカン工場で組み立てられている。ただし他の政府機関トップや高級官僚の公用車には、「ペルダナV6」が引退してもその後継モデルであるプロトン「インスピラ」が使用される。

「ペルダナV6」の維持費が高くついたことが背景にあるとみられる。チョー・チーヒョン前住宅地方自治相は、「ペルダナV6」が長距離走行に向いていなかったと指摘、副相時代にギアボックスを4年間で3度も交換しなければならなかったと、VIP公用車として信頼性に問題があったことを示唆した。

国民車を公用車に使用するという慣例が破られたのは、2008年に野党連合・人民同盟(PR)が掌握していたペラ州政府がトヨタ「カムリ」に変更したのが最初で、後に与党連合・国民戦線(BN)のトレンガヌ州政府もメルセデス・ベンツ「E200コンプレッサー」を導入していた。

閣僚の公用車を「アコード」に切り替えへ 「ペルダナV6」引退で[ニュース|AsiaX News]

《編集部》

特集