国土交通省、鉄道でのベビーカー利用マナー向上や理解促進へ協議会を設置

鉄道 企業動向

国土交通省は、電車などの公共交通機関で、ベビーカー利用のマナーアップや周囲の理解を促進するため「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」を設置する。

今後、ベビーカー利用者の利便性・安全性を向上させるためには、施設の整備に加えて、ベビーカー利用者のマナー向上とともに、ベビーカーの利用に対する他の乗客の理解や協力が不可欠。このため、ベビーカーの利用しやすい環境づくりに向けて、関係者でベビーカー利用に関する必要な事項について協議を進めるため、「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」を設置する。

協議会のメンバーは学識経験者や子育て関連団体、交通事業者団体、JR東日本やJR東海など。最初の会合は6月25日に開催する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集