JAXA、2013年度第一次気球実験を打ち切り

宇宙 企業動向

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2013年度第一次気球実験を6月18日で打ち切ったと発表した。

JAXAでは、北海道広尾郡の大樹航空宇宙実験場で、2013年度第一次気球実験を5月7日から開始した。実験は6月23日までの予定だった。

しかし、6月5日にB13-01実験実施時に発生した気球部と搭載機器部の間の切離しロープカッターの誤作動の不具合が発生、これに関しての原因究明と対策に時間を要することが判明した。

このため、6月23日まで予定していた残りの気球実験は見送り、6月18日で第一次気球実験を終了した。

第一次気球実験で実施できなかった3つの実験については、今年7月以降に予定されている2013年度第二次気球実験での実施を検討していく予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集