ライアンエアー、175機の次世代737を確定注文

航空 企業動向

マイケル・オリアリー氏とレイ・コナー氏
  • マイケル・オリアリー氏とレイ・コナー氏
  • ボーイング737-800
ライアンエアーは、175機の次世代737-800航空機の確定注文を最終決定したことを明らかにした。契約総額は表示価格で156億ドル。

パリ航空ショーで行われた契約署名式典では、ライアンエアーの社長兼CEOであるマイケル・オリアリー氏と、ボーイングの商用航空機の社長兼CEOのレイ・コナー氏が出席した。

「737-800は安定性と素晴らしいエンジニアリングを持ち、当社の成長の基礎である。これらの175機の新しい航空機は、我々にコストと航空運賃をさらに下げることを可能にする」とオリアリー氏は語った。

「我々はこの注文を、最終決定できたことを喜んでいる。この受注はライアンエアーに、次世代737シリーズがもたらす価値の証明である」とコナー氏は語った。

ボーイング737-800は成功した次世代737系列の中で、最も良く売れているバージョンである。

ライアンエアーは1999年に最初の737-800の納入を受け、現在はヨーロッパで最大のボーイングユーザーとなっている。57の飛行場から1日に1600以上のフライトをこなし、29の国々に渡る1600のルートと180の目的地を繋いでいる。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

特集