GMと上海汽車の中国合弁、上海GM…キャデラックの新工場を起工

自動車 ビジネス 企業動向

上海GMのキャデラック新工場の起工式
  • 上海GMのキャデラック新工場の起工式
米国の自動車最大手のGMと、中国自動車大手の上海汽車の中国合弁、上海GMは6月19日、中国上海市において、新工場の起工式を実施した。

この新工場は、GMの高級車ブランド、キャデラックを生産するのが目的。上海GMは新工場の建設に、研究開発施設を含めて、13億ドル(約1255億円)を投資する予定。新工場稼働時には、年産16万台を見込む。

新工場では、車体のプレス加工、塗装、最終組み立てと、一環生産体制を敷く。世界でも最先端のオートメーションシステムを導入。また、環境に配慮した工場とする。

キャデラックは2015年までに、中国新車販売を年間10万台へ引き上げる計画。2020年までには、中国高級車市場で10%のシェア獲得を狙う。

新工場の起工式には、GMのダン・アカーソン会長兼CEOが出席。同会長は、「上海GMを設立した15年以上前から、中国に対する長期的なコミットメントを実行してきた。今日は、上海汽車とのパートナーシップの新たな船出」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集