ボーイング、オマーン・エアが5機の次世代737を注文

航空 企業動向

ボーイング次世代737‐900ER
  • ボーイング次世代737‐900ER
  • ボーイング次世代737
オマーン・エアは、5機のボーイング『737‐900ER』を注文したことを発表した。

このボーイングの注文&納入ウェブサイトで以前明らかにされなかった注文は、表示価格で4億7300万ドルの価値を持つ。

この注文により、オマーン・エアはアラビア湾地域で最初に737-900ERを運用する顧客となる。現在、この航空会社は15機のボーイング次世代737-800と2機の737-700を運用しているオマーン・エアは6機のボーイング787-8を注文済みだ。

「737は(オマーンのような)暑い地域でも効果的に運用でき、効果的なパフォーマンスを実現する。これらの次世代737は、オマーンでのビジネス旅行やツーリズムを発展させると共に我々のネットワークを拡大することに貢献するだろう。737-900ERのキャパシティは我々の経済性を更に向上してくれるはずだ」とオマーン・エアのCEOであるウェイン・ピアース氏は語った。

「オマーン・エアの注文は、737-900ERの顧客拡大に興に貢献する。過去10年間にオマーン・エアは航空機の運用と、目的地のネットワークを大きく拡大し、私たちはこの航空会社の未来に対して役割を果たしていることを誇りとしたい」と中東・ロシア・中央アジア販売の副社長であるマーティ・ベントロット氏は語った。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集