【INDYCAR 第9戦】チームオーナーがハンター=レイを分析…選手として最盛期

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ライアン・ハンター=レイとマイケル・アンドレッティ
  • ライアン・ハンター=レイとマイケル・アンドレッティ
  • ライアン・ハンター=レイ
  • ライアン・ハンター=レイ
  • ライアン・ハンター=レイ
  • ライアン・ハンター=レイ
インディカーは6月17日、先週のミルウォーキー・インディフェストで優勝を飾った、ライアン・ハンター=レイについて、アンドレッティ・オートスポーツのオーナーであるマイケル・アンドレッティによる分析を公開した。

マイケルはハンター=レイのパフォーマンスを高く評価し、彼が選手として最盛期にあることを示唆している。

今回のミルウォーキーでの勝利によって、ハンター=レイは17レースで合計570ポイントを得た。それはシリーズ最高の6連続勝利と、4度のトップ5フィニッシュを含んでいる。エリオ・カストロネベスが2位の527ポイント、スコット・ディクソンが3位の453ポイントの記録を持っている。

ハンター=レイは2012年の最後の8レースで287ポイントを集めた。

今年の9レースで彼はポイントで先頭を走るエリオ・カストロネベスに16ポイント差にまで迫る287ポイントを挙げ、マルコ・アンドレッティが249ポイントで3位につけている。

「彼は必要な経験を積み、レースカーに何が必要なのか知っている。また、レースで特別なポジションにいる時、何が必要なのかも知っている。経験から学んだことは、チャンピオンシップを勝ち取るのに必要なことでもある」とマイケル・アンドレッティは語った。

ハンター=レイは「スポーツでは自分が勢いやリズムに乗ることがある。そしてチームは『レースに勝つに違いない』と感じる。昨年、僕達は4度のレースで勝つことができ、ミルウォーキーから始まった。アンドレッティは素晴らしい車を持っている。思うような結果が出せると良い」とした。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集