イージージェット、編成にエアバス A320neo を加えることを決定

航空 企業動向

イージージェットA320
  • イージージェットA320
  • イージージェットA320
英国にある格安航空会社(LCC)のイージージェットは、技術的評価の末、エアバス『A320neo』をその将来の編隊として利用することを決定した。

この会社の成長予測によると、A320はシングル・アイル(単通路)180座クラスの分野において最も高い生産性に加え、最高の燃料効率を誇る。現在、イージージェットはより小さな156座席を持つ『A319』による編隊を多数運用している。

株主の賛成により、イージージェットは100機のA320neo航空機が、将来的に必要であると見越している。そしてシャークレットを装備した35機のA320ceo航空機が優先されることとなり、総計135航空機の内85機が交換されることとなる。

「NEOは疑う余地なく、最も生産的で燃料効率の良い航空機だ。それはシングル・アイル航空機の中で最も幅広く、高いキャビンを持ち、より速い往復利用が可能で、より良い乗客の快適性を持つ。我々はイージージェットの強い要求が、これらの頼り甲斐のある航空機に出会った事を喜んでいる」とエアバスの顧客部門COOであるジョン・リーヒー氏は語った。

この注文はほぼ2500の仕事と、英国におけるおよそ7500の延長された道具チェーンを持続することとなる。

イージージェットはヨーロッパで最高に広範囲のルートネットワークを運航し、英国において1年に5500万人の乗客を運ぶ、最も大きな航空会社である。イージージェットはまたヨーロッパにおける最も大きな、A320系列を扱う顧客であり運用者である。

A320系列は世界で最も成功を見た、9500機以上の注文と5600機以上の納入を380以上の顧客と運用者に提供している。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集