ドリック・リースが20機の エアバス A380 を購入

航空 企業動向

エアバスA380‐800
  • エアバスA380‐800
  • エアバスA380
  • エアバスA380
エアバスは6月17日、ドリック(Doric)・リースが第50回ル・ブルジェのエアショーで、20機のA320の購入について了解覚書にサインしたことを明らかにした。

この了解覚書はこの日、ドリックのCEOであるマーク・ラピダス氏とエアバス顧客部門のCOOであるジョン・リーヒー氏によってサインされた。

「A380は総収益の増加を手助けすると共に、航空会社にはすばらしい商品を提供させるだろう。我々としては、今回の契約がA380の長期に渡る成功の一部となることを喜びとしたい」とドリック・リースのラピダスCEOは語った。

2007年より最初のサービスを開始して以来、A380は9つのワールドクラス運用者の編隊に合流してきた。この航空機はより多くの人々を低料金で運び、環境により少ない影響を与えながら、8500海里もしくは1万5700kmをノンストップで飛行することが可能だ。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集