エアバス、チュニジアのスファクス航空からA320neoを3機受注

航空 企業動向

エアバスA320neoとceoをスファクス航空から受注
  • エアバスA320neoとceoをスファクス航空から受注
  • エアバスA320neoとceoをスファクス航空から受注
エアバスは、チュニジアの航空会社スファクス航空にA320neoを3機購入することで覚書(MOU)を締結したと発表した。アフリカの航空会社がneoを発注したのは今回が初めて。

スファクス航空はA320ceoも発注した。エンジンはCFMエンジンが搭載される。

スファクス航空は、A319を2機、A320を3機で運航しているほか、近くオペレーティング・リースするA330-200で運航する予定。

A320neoはA320ファミリーと機体の95%以上が共通化されている上、航続距離を最大で950キロ延長できる。燃費を向上するシャークレットを装備しており、燃費を15%節約できる。2013年5月末で、40の航空会社から2125機のneoの確定注文を受けている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品