ロシア新型有人宇宙船、モックアップをMAKSエアショーにて展示の見通し

宇宙 テクノロジー

ポポフキンロシア連邦宇宙庁長官、プーチンロシア大統領の会合を伝えるロシア通信社ノーボスチ記事
  • ポポフキンロシア連邦宇宙庁長官、プーチンロシア大統領の会合を伝えるロシア通信社ノーボスチ記事
2013年8月27日~9月1日、モスクワ近郊で開催されるロシア国際航空宇宙サロンMAKSにて、RKKエネルギアが開発中のロシアの次世代有人宇宙船のモックアップが展示される見通し。6月14日付ロシア通信社ノーボスチが報じた。

新型有人宇宙船はRKK エネルギア社が開発し、2018年に初打ち上げを予定している。ロシア連邦宇宙局のウラジミール・ポポフキン長官とプーチン大統領との会合の場にて、モックアップ展示の予定が明らかにされたという。

新型宇宙船は2009年4月にRKKエネルギア社が開発を請け負ったもので、その段階から地球・月軌道への対応、宇宙船修理への対応、宇宙船の廃棄などの面でいくつか改良が加えられているとのことだ。

ロシアの有人宇宙船は、旧ソ連時代1967年初打ち上げのソユーズが改良を重ねながら40年以上、現在も国際宇宙ステーションへ宇宙飛行士を輸送している。新型有人宇宙船はその後継機となるもので、PPTSと呼ばれる。
《秋山 文野》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品