JR東日本、「みどりの山手線」車内で結婚式…「鉄道の日」に運転

鉄道 企業動向

「みどりの山手線ウェディングトレイン」で使用される「みどりの山手線ラッピングトレイン」。山手線のE231系11両編成1本に緑色の装飾が施されている。
  • 「みどりの山手線ウェディングトレイン」で使用される「みどりの山手線ラッピングトレイン」。山手線のE231系11両編成1本に緑色の装飾が施されている。
  • 「みどりの山手線ラッピングトレイン」のイメージ。
  • ホテルメトロポリタンで行われる披露宴では「みどりの山手線」にちなんだ特製ケーキが用意される。
JR東日本は6月17日、山手線の「みどりの山手線ラッピングトレイン」を使った車内結婚式を、「鉄道の日」の10月14日に行うと発表した。結婚式を挙げる新郎新婦1組を募集する。

現在の山手線のラインカラーである緑色(ウグイス色)の電車は1963年に登場した。2013年に緑色の電車登場から50周年を迎えたことから、これを記念して現在の山手線の車両(E231系11両編成1本)に緑色のラッピングを施し、1月16日から「みどりの山手線ラッピングトレイン」として運行している。

同社は、このラッピングトレインを使った特別列車「みどりの山手線ウェディングトレイン」を10月14日に運転し、池袋駅から山手線を一周して同駅に戻るまでの約1時間、特別列車の車内で結婚式を挙げる権利を1組にプレゼントする。式次第や演出などは、挙式する2人と相談して決める。

10月14日にホテルメトロポリタン(池袋駅メトロポリタン口から徒歩1分)で披露宴をする人のみ応募できる。披露宴の費用は自己負担となる。応募期間は7月9日まで。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集