アップル、11acに対応した「AirMac Extreme」「AirMac Time Capsule」新モデル

自動車 テクノロジー Apple

最大1.3Gbpsの転送速度を実現。共通のボディデザインを採用した「AirMac Extreme」「AirMac Time Capsule」
  • 最大1.3Gbpsの転送速度を実現。共通のボディデザインを採用した「AirMac Extreme」「AirMac Time Capsule」
  • ポート類
 アップルは、IEEE802.11acに対応した無線LANルータ「AirMac Extreme」と内蔵ストレージ付きの「AirMac Time Capsule」の新モデルを発表。11日から販売を開始した。

 両製品ともにIEEE802.11acに対応し、理論値最大1.3Gbpsの転送速度を実現。共通のボディデザインを採用し、背の高い形状を採用した。「AirMac Extreme」は無線LANルータ機能のみ、「AirMac Time Capsule」はストレージを内蔵するのが違い。価格は「AirMac Extreme」が19,800円、「AirMac Time Capsule」は2TBモデルが29,800円、3TBモデルが39,800円。

 2.4GHzと5GHzの両方の周波数を同時に使うデュアルバンドに対応したほか、ビームフォーミング技術により接続先のデバイスを感知し、効率よく遠くまで電波が届くようになっている。インターフェースは、ギガビットEthernet WANポート、USB 2.0ポート、ギガビットEthernet LANポート×3を装備する。

 本体サイズは幅98mm×高さ168mm×奥行9mmで、重量は「AirMac Extreme」が945g、「AirMac Time Capsule」が1.48kg。
《関口賢@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集