2012年新設法人、再生エネルギー関連が急増

自動車 ビジネス 企業動向

新設法人月次推移
  • 新設法人月次推移
  • 2012年・産業別新設法人
東京商工リサーチは、2012年(1月-12月)全国新設法人動向調査を実施、調査結果を公表した。

2011年に全国で新しく設立された法人は、前年比1.2%増の10万3074社だった。2009年は、リーマン・ショックに端を発した世界同時不況の影響で前年を下回ったが、2010年以降は3年連続で前年を上回っている。

産業別では、サービス業他が4万4919社(構成比43.6%)で最も多かった。前年比では、10産業のうち5産業で増加。増加率トップは農・林・漁・鉱業の22.0%増。次いで、製造業10.2%増、不動産業9.1%増、金融・保険業6.5%増、サービス業他4.4%増の順。一方、減少率は、小売業が15.7%減で最も大きかった。小売業は参入しやすい産業の代表格だったが、ネットショッピングやPB商品が定着するなか、価格競争や消費者の選別が厳しくなり、他社との差別化が難しくなったことも影響したとみられる。

業種別では、前年比で電気・ガス・熱供給・水道業が907.3%増(82→826社)と著しく増加。福島第一原発事故を受け、再生可能エネルギーによる発電を目的とした法人が多く設立された。また、農・林・漁・鉱業も22.0%増(1561→1904社)と増勢をみせた。このうち、農業は2割増(1304→1617社)で、地区別では東北(96→197社)が2倍増と伸びが目立ち、震災からの復興を反映した。

地区別の前年比増加率では、東北が24.9%増(4149→5182社)でトップだった。復興需要に加えて、支援に関わる非営利団体の設立も相次ぎ、法人設立を後押しした。このほか、増加したのは四国4.0%増(1845→1919社)、九州3.6%増(9769→1万0124社)、中部1.6%増(9944→1万0099社)で、合わせて4地区だった。一方、減少したのは北陸3.7%減(1511→1455社)、中国1.6%減(4008→3945社)、北海道1.4%減(3874→3819社)、近畿0.5%減(1万6600→1万6523社)、関東0.3%減(5万0165→5万0008社)の5地区だった。

また、2012年の新設法人で最も多かった商号は、「ライズ」の49社だった。「ライズ」は英語で「上がる、立ち昇る」などを意味する「Rise」があり、躍進のイメージから商号に多く使用されたとみられる。次いで、「ネクスト」46社、「サンライズ」37社、「アシスト」36社の順。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集