【Interop Tokyo 13】ナビタイムなど、Wi-Fi位置情報分析技術を用いた展示会場の案内情報を提供

自動車 テクノロジー ネット

ナビタイムジャパン・Android向けスマートフォンアプリ「Interop NAVI」
  • ナビタイムジャパン・Android向けスマートフォンアプリ「Interop NAVI」
  • ナビタイムジャパン・Android向けスマートフォンアプリ「Interop NAVI」
  • ナビタイムジャパン・Android向けスマートフォンアプリ「Interop NAVI」
6月12日から14日に、幕張メッセで開催されるInterop Tokyo 2013では、展示会場で提供されるWi-Fiサービスを用いて、Wi-Fi対応デバイスを持つ来場者のロケーション(位置)に応じた情報提供、屋内ナビゲーション、来場者参加型のゲームなどのサービスを無料で提供する。

サービスは、シスコシステムズとナビタイムジャパン、三井情報の3社とInterop Tokyo 2013 実行委員会が協力、Interop Tokyo 2013および同時開催イベント会場全域に構築される最先端ライブネットワーク「ShowNet」のトライアル企画として行う。

会場で提供される来場者向けWi-Fiサービスと、シスコが提供する Cisco CMX (Connected Mobile Experience) ソリューションによって、展示会場内の来場者が持つWi-Fi対応デバイスから位置情報を検出。ナビタイムジャパンが提供するAndroid向けスマートフォンアプリ「Interop NAVI」上で、展示会場内の簡易ナビゲーションや会場周辺のコンビニ・飲食店情報、JR京葉線の電車混雑情報、来場者参加型ゲーム「実験企画 位置情報でアイドルを探せ!」などを提供する。

また、シスコおよび三井情報のブースでは、会場内の来場者全体の位置情報を分析、可視化し、主要な回遊経路やエリア別の滞在時間などの結果をレポート画面で見ることができるCisco CMXのデモを用意するほか、展示会主催者やブース出展者向けにナビタイムジャパンが開発した、来場者行動データ分析ツール「Wi-Fi location monitor」のデモ展示も実施。来場者全体のリアルタイムの滞在状況、混雑状況などを見ることができる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集