限定車 ルノー カングーオーセンティック発表…趣味を極める“プロ”のクルマ

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
  • ルノー・カングーオーセンティック
ルノー・ジャポンは6月25日より、300台限定で『カングーオーセンティック』を発売する。価格は199万8千円から。

欧州でのカングーは商用車が多く、道具として使われているのに対し、日本では様々な使い方が可能な、ユーティリティ性の高い乗用車として導入されている。しかし、「もっと趣味やレジャー、普段使い以外に仕事にも使いたいなど、より使い倒せるような仕様のクルマが欲しいとの声が多いことから、今回“シンプル&ベーシック”をテーマにしたオーセンティックを発売します」と話すのは、ルノー・ジャポン広報グループの佐藤渉さん。

標準モデルとの装備差は、前席と後席の間にあったオーバーヘッドコンソールや、シートバックテーブルを廃止。「仕事や趣味で使いたい人にとって、あまり必要のない装備は省いています」という。

佐藤さんは、「とことんまで使えるクルマを表現するために、バンパーやドアノブは黒とし、内装色もブラウンベージュ系のカラーから、黒のデザインに変更しました」と、シンプルさを強調する。

「オーセンティックは使い倒せるクルマです。言葉でいうと“プロ”といってもいい。その意味は、生活のプロです。自分のライフスタイルの中で、趣味なら趣味に打ち込むなど、何かを突き詰めている人。そういう人たち向けのクルマがオーセンティックなのです」と語った。

ボディカラーは6色あり特別色のオランジュクレマンティーヌ以外は標準色だ。この特別色は30台のみで既に完売したという。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集