国際石油開発帝石、三菱重工に「さやえんどう」型LNG船を発注、イクシスLNGプロジェクト用

船舶 企業動向

国際石油開発帝石は、豪州でオペレーターとして開発している「イクシスLNGプロジェクト」から生産されるLNGを輸送するため、三菱重工業と造船契約を締結したと発表した。

国際石油開発帝石は、子会社インペックス・シッピングを通じて川崎汽船と、LNG船1隻を共同で保有することを目的に、共同出資会社オーシャン・ブリーズ・LNG・トランスポート(OBLT)を設立し、三菱重工業との間で造船契約を締結した。

LNG船を発注したのは、イクシスLNGプロジェクトから生産されるLNGのうち、自社引き取り分のLNG年間90万トンを、新潟県上越市に建設中の直江津LNG受入基地に輸送するため。国際石油開発帝石は、OBLTと定期傭船契約を締結した。

OBLTの出資割合はインペックスが30%、川崎汽船が70%。

直江津LNG受入基地向けに新造するLNG船は、タンク容量約155,300立方メートルと大型タイプで、4基あるモス方式球形タンクを船体と一体構造のカバーで覆う「さやえんどう」型の船型を採用する。

船全体の強度を確保しながら軽量化するとともに、航行中の風圧による抵抗を大幅に軽減する。主機関には蒸気を再度加熱利用する新型蒸気タービン機関を採用、従来船と比べ単位積荷あたり20%以上の燃費低減を実現し、二酸化炭素排出量の抑制、輸送コストの低減を図る。このLNG船は三菱重工の長崎造船所で建造され、イクシスLNGプロジェクトからの生産開始が予定されている2016年末までに就航する予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集