マスティール、イスカンダル-星間の鉄道システム運営へ

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア・スティール・ワークス(KL)(マスティール)は、ジョホール州南部開発地域、イスカンダル・マレーシアとシンガポールを結ぶ100キロメートルの鉄道システムの運営について、運輸省から認可を得たことを明らかにした。

マスティールが60%を保有する合弁会社のメトロポリタン・コミューター・ネットワークが手掛ける。合弁パートナーはKUBマレーシア。2011年に鉄道システムの建設および運営で合弁事業を行うことで合意、合弁会社を設立していた。

マスティールのタイ・ヒーンレン社長は声明の中で、イスカンダル地域の急速な発展に伴い、交通インフラへの需要は増していると指摘。長期的な観点から鉄道システムを建設することが重要だと判断したと述べた。シンガポールの大量高速輸送(MRT)と接続される予定だ。2013年半ばまでに資金調達に関する調整を行う計画だ。

マスティールの今年第1四半期(1-3月)の純利益は355万リンギとなり、前年同期の488万リンギの損失計上から回復した。
千田真理子

編集部おすすめのニュース