タグ・ホイヤー、フォーミュラEチャンピオンシップとパートナーシップ契約を締結

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
最新のフォーミュラEカーの公式画像
  • 最新のフォーミュラEカーの公式画像
  • タグ・ホイヤー代表取締役兼CEO ジャン-クリストフ・ババンとフォーミュラEホールティングスCEOアレハンドロ・アガグ
タグ・ホイヤーは、2014年9月から新たにスタートするFIAフォーミュラEチャンピオンシップの公式タイムキーパー、公式ウォッチ/クロノグラフ、テクニカル・ファウンディング・パートナーとなる契約を締結したと発表した。

フォーミュラEは、電気エネルギーだけを動力源とするレーシングカーで競う、新しいFIA(国際自動車連盟)チャンピオンシップ。レースは世界の有名都市の中心部で行われる予定で、2013年に初のデモ走行を開始し、2014年に10チーム20名のドライバーによる世界初の公式電気自動車レースが開催される。

スイス ラ・ショー・ド・フォンにあるタグ・ホイヤー本社にて行われたパートナーシップの締結では、最新のフォーミュラEカーの公式画像が初公開された。新しいEカーは現在、スパーク・レーシング・テクノロジーが製作にあたっており、ダラーラ製シャシー、ミュシュラン製タイヤ、マクラーレンが設計・組み立てを行ったパワートレインを装備している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集