フォード、2016年にオーストラリア2工場を閉鎖…現地生産から撤退へ

自動車 ビジネス 企業動向
フォードオーストラリアのファルコン
  • フォードオーストラリアのファルコン
米国の自動車大手、フォードモーターは5月23日、2016年10月をもってオーストラリアの2工場を閉鎖し、現地生産から撤退すると発表した。

今回の決定は、オーストラリア市場での販売不振や、生産コストの高さを受けたもの。フォードモーターは過去5年間で、6億オーストラリアドル(約600億円)の赤字を計上。オーストラリア事業の立て直しが急務となっていた。

2016年10月をもって閉鎖するのは、ブロードメドーズとジーロングの2工場。合計1200名の従業員は、解雇される予定。

フォードオーストラリアのボブ・グラジアーノ社長兼CEOは、「厳しい市場環境により、現地生産を続けることはできなくなった」と述べている。

オーストラリアでは2008年、三菱自動車が現地生産から撤退。今回のフォードモーターの工場閉鎖計画発表により、現地生産を行う自動車メーカーは、GMのホールデンとトヨタの2社だけとなる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • GMオーストラリア、ホールデンの2012年通期決算…155億円の赤字 画像 GMオーストラリア、ホールデンの2012年通期決算…155億円の赤字
  • トヨタ、オーストラリア工場で350人削減へ 画像 トヨタ、オーストラリア工場で350人削減へ
  • GMオーストラリア、ホールデン…約500名の人員削減を発表 画像 GMオーストラリア、ホールデン…約500名の人員削減を発表
  • 三菱自動車、オーストラリア工場を閉鎖へ 画像 三菱自動車、オーストラリア工場を閉鎖へ

特集