プレス工業の通期決算、生産能力増強によるコスト増で増収減益

自動車 ビジネス 企業動向
プレス工業(イメージ)
  • プレス工業(イメージ)
  • プレス工業(イメージ)
プレス工業が発表した2013年3月期の連結決算は、営業利益が前期比21.4%減の88億8600万円で、大幅減益となった。

売上高が同4.1%増の1751億200万円。国内やアジア、北米でトラック需要が堅調に推移し、トラック用フレームの売上が好調だった。

しかし、急激な増産に対応するためのコスト増が収益を圧迫。経常利益は同11.7%減の96億6400万円、純利益は同11.5%減の55億8800万円となった。

今期の業績見通しは、売上高は前期比1.1%増の1770億円、営業利益は同5.8%増の94億円、経常利益は同7.9%減の89億円、純利益は同10.5%減の50億円とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • カルソニックカンセイ3月期決算、日本と欧州不振で大幅減益 画像 カルソニックカンセイ3月期決算、日本と欧州不振で大幅減益
  • 東洋ゴム第1四半期決算、原材料価格下落や為替差益で経常利益60億円 画像 東洋ゴム第1四半期決算、原材料価格下落や為替差益で経常利益60億円
  • USS3月期決算、中古車買取販売事業低迷で減収 画像 USS3月期決算、中古車買取販売事業低迷で減収
  • ミクニ通期決算、欧州市場の低迷で減収減益 画像 ミクニ通期決算、欧州市場の低迷で減収減益

特集