エアアジア・ジャパン、国際線3都市目となる成田~台北線を就航…7月3日から

航空 企業動向
LCC(格安航空会社)のエアアジア・ジャパンは、7月3日から片道8580円からで、東京(成田)~台北(桃園)線を就航すると発表した

同社にとっては韓国・ソウル、釜山に続いて国際線就航3都市目となる。

成田~台北線は、デイリー運航で、週7往復・14便で運航する。

同社の小田切義憲社長兼CEOは、台北線就航について「台湾と日本は、相互の文化に対する関心が高く、日本と台湾の渡航者は年々増加傾向にある。旅の醍醐味は、本やインターネットでは体感できない現地の旬に触れ、その国や都市の魅力を自ら掘り起こせる点にある。エアアジア・ジャパンのフライトで、気軽に何度も台湾に足を運び、自身で台湾の魅力を発見して欲しい」とコメント。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • エアアジア・ジャパン、ゴールデンウィークの国内線搭乗率は67.6% 画像 エアアジア・ジャパン、ゴールデンウィークの国内線搭乗率は67.6%
  • エアアジア・ジャパン、セントレア発着のソウル(仁川)線の運賃を発表 画像 エアアジア・ジャパン、セントレア発着のソウル(仁川)線の運賃を発表
  • エアアジア・ジャパン、中部国際空港からの国際線を就航…LCC初、4月26日から 画像 エアアジア・ジャパン、中部国際空港からの国際線を就航…LCC初、4月26日から

特集